お金に余裕がないときは激安デリヘル

常識を変えたあの子は高級デリヘル嬢

自分の風俗の常識を変えたのはNちゃんという子です。彼女は高級デリヘルの子なんですよ。ホームページで彼女を発見した時からこれは凄い子だなと。そのビジュアルに圧倒されたんですよ。そこで思い切って彼女を指名したら、ビジュアルに頼るだけじゃなく、相手のことをちゃんと考えてくれる中身まで伴っている風俗嬢だったんですよね。でもその時には高級デリヘルが凄いんじゃなくて、彼女が凄いんだろうって思っていたんですけど、話をすると「私なんてまだまだ」だと。その言葉で俄然高級デリヘルというジャンルに興味が湧いたんですよね。正直、その時点でそれまで遊んだ風俗嬢の中で圧倒的とも言える彼女が「まだまだ」だという業界には一体どんな女の子が待っているのか…。そんな好奇心から高級デリヘルで遊ぶようになったので、あの時のあの言葉が無かったら、自分は未だに高級デリヘルではなく、他の風俗で満足していた「井の中の蛙」だったなって思いますね。